FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷房はオンナの敵?

みなさま、こんにちは。
 薬膳カトレアの美咲です。

 30度を超える暑い日。
 冷房で冷えた室内に入ると、気持ちいいですよね。


 でも、

  時間が経って、汗がひいたら、今度は冷房が効きすぎて、寒い!

  体温調節が難しくてツライ!

 ・・・こんなお悩みの声をたくさんいただいています。

 そこで、
 「冷房で、寒すぎて、ツライ!」とお感じの方にお送りします。

 最後まで、じっくりとお読みくださいね。

──────────────────────────────────
 1:冷房はオンナの敵?
   冷房と上手に付き合いたい
アナタをバックアップ!

──────────────────────────────────

 夏のからだのだるさ。
 暑さからくる、と思っていませんか?

 実は、オフィスや電車の中、喫茶店など冷房が効きすぎているところで、
 長時間過ごしたりしているからかもしれませんよ。

 「もしかして、そうかも・・・」と思った方は、
 ぜひ、次のようなことに気をつけてみてくださいね。


  1)外から屋内に入ったら、まずは汗を拭きましょう。
  ----------------------------------------------------
   汗を拭かずに冷房にあたったら、
   汗によりからだが冷えてしまいます。

   冷房にあたる前は、汗を拭くことをお忘れなく。


  2)扇風機を上手に活用しましょう。
  -----------------------------------------------------
   冷房の適温は、一般的には28度といわれています。
   しかし、28度は、外から屋内に入ってきたばかりの人にとっては、
   もう少し下げたいと思ってしまう温度です。

   このような場合、扇風機の活用をおすすめします。
   扇風機の風にあたると、体感温度が下がるため、
   冷房の設定が28度でも快適に過ごせるようになりますよ。


  3)温かいお茶を飲みましょう。
  -----------------------------------------------------
   暑い日のアイスクリームや冷たい飲みものは、
   とっても美味しくて、やめられない・・・というアナタ。

   からだの冷えにつながりますから、冷たいものの摂り過ぎは厳禁!

   冷房で冷えたからだを、芯から温めるために、
   夏はあえて温かい飲みものを飲むことをおすすめします!

     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓



   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ◆ 夏におすすめの健康茶
      薬膳カトレア 薬膳茶

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
event26.jpg
スポンサーサイト

美容・健康のためにしていること!

美咲が、お客様とお話し ている美容・健康のこと!

カトレアの(マル)秘 ♫ 漢方紹介です。

カトレアの日替わりエッセンスは、旬の食材を使いその季節に起こりやすいトラブルに対応したり、その日の体調を重視してメニューをたてます。
たとえば、「最近お疲れ気味。貧血もあるみたいだし。胃腸に優しく、カラダが温まるようなものが食べたい……」
そんな時は、ふらっと食事しにいらしてください。 きっと、元気になります。こころもカラダもずっと♫ (。・ ω<)ゞ

①クコの実

 クコは中国最古の詩集「詩経」と最初の本草学の本「神農本草経」に記載されている。すなわち三、四千年前から利用されてきた。クコの実は肝 心腎肺の熱を除き、肝心腎肺の虚を滋養する絶大な効能をもつと言われて きた。現代医学では、保肝、降 血圧、コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防、降血糖免疫力の増加、さらに一定の抗癌効果があると認められている。慢性肝炎、中心性網脈絡膜炎、肺結 核、糖尿病などの治療効果がある。

②金針菜(きんしさい)
忘れな草といわれ。つぼみを 乾燥させたもの。黄金色で、細長く針のものだから、金針菜と名づけられた。タンパク質、ビタミンA、B、C、リン、ほうれん草の20倍 の鉄分などミネラル成分がはいている。補血、利尿、神経衰弱、膀胱結石に効果がある。鉄分を多く 含むため、貧血の特効薬として知られ、精神安 定の効きめもある。軽 水洗いしてぬるま湯 につけてもどし、スー プの実や炒めものに使う。もどし汁も捨てずに使う。

③サンザシ
バラ科の植物サンザシの果実を乾燥させたもの。血圧を下げ、冠動脈の血液流量を増やす作用がある。
臨床経験によると、高血脂や狭心症の治療効果が認められている。さらに飲 食の消化不良、胸のつかえ、腹のもたれなどにもよい。

④皮蛋(ぴーたん)
食欲不振や消化不良に効き、眼精疲労にも効果がある。
アヒルの卵を、塩、石灰、灰、もみ穀などをこねた泥で包んで長期間おいたもの。
ぬるま湯にしばらくつけて泥を除き、水できれいに 洗って殻をむき、適当に切って食 べる。

⑤緑豆(りょくず)
タンパク質、脂肪、炭水化物、カルシウム、リン、鉄、カロチン、ビタミンB1、B2、ニコチン酸、リン脂質、などを含んでいる。
清熱解毒、清暑利水の 効能を持つ。

6髪菜(乾燥ごけ

中国の内陸半砂漠地や荒地に生息する食用藻菌植物で、黒糸状の髪の毛に似ていることから髪菜と名づけられた。珍味のひとつであり、高級料理の 材料となっている。髪菜の栄養価値は高く、タンパク質、ミネラルを豊富に含む。血圧を下げ、コレステロールを溶かし、胃腸をきれいにし、貧血 症やさらに利尿などの効能がある。

7黒米

黒米は中国では紫米、 貢珍米ともいわれ、中国の歴代皇帝に不老長寿の米として奉献されたから貢珍米と呼ばれるようになった。明の 時代の薬学書「本草網目」に、黒米は胃腸を丈夫にし、精力を増強し、脾臓、肝臓を強 め、造血作用があり、頭のふらつき、めまい、貧血、白髪、眼病、腰や膝のだるさなどにも効果があると記されている。黒米は白 米と比べると、カルシウム、マグネシウム、タンパク質、リン、鉄 分などがだんぜん多い。また、多種なビタミン類が豊富に含んでいる。栄養素のバランスが良く、体への吸収率が大きく、酸素の活 性化に優れた黒米は、 滋養補給を促進し、病気への抵抗力を強化し、病気の予防効果がある。体質改善、健康保持に理想的な食品として今現在注目されている。

・最近お疲れ気味 ⇒ 体力や気力不足      ・貧血もあるみたい ⇒ 血液不足
・胃腸に優しいもの ⇒ 胃腸が弱っている    ・カラダを温めたい ⇒ カラダが冷えている

その人の体質や症状を証(しょう)、証を判断することを弁証(べんしょう)といいます。
上のような症状がある場合は、気や血が不足していています。その結果、胃腸に悪影響ができたり、カラダを温める機能が低下している症状がでま す。
そのような状態を、「気血虚弱」(弁証)がでていると言います。


証をたてることは薬膳のきほんですが、証にはいろいろなパターンがあり、みなさんがこれを覚えるのは大変でしょう。
なので、最初は「カトレアブログ」を参考に自分は熱がりな体質か、それとも寒がりな体質か」をチェックすることから始めてみてはどうでしょ う。
(。・ ω<)ゞ♡

妊娠力

女性はなぜ冷え性になりやすいの?<o:p></o:p>

それは、男性に比べて筋肉量が少ない・女性ホルモンや自律神経のバランスの乱れ・外から冷やす生活をしている(食・ファッション・生活)、など様々な理由があります。
冷えが女性に良くない理由は沢山ありますが、これから妊娠を考える・すでに考えている女性の皆さま。
「冷え」は妊娠&出産へも大きな影響を及ぼします。<o:p></o:p>

カラダが冷えると、血管が収縮し血液の流れが悪くなります。
血液は「栄養」と「酸素」を細胞に届けていますので、血行が悪くなると全身の細胞に栄養や酸素が充分に行き渡りません。
生命維持のために大切な場所である脳や心臓などカラダの中心部へ優先して血液が届けられ、末梢や子宮や卵巣は後回しになってしまうのです。
充分な栄養や酸素が届かない子宮や卵巣は、機能が低下してしまいます。
おばあちゃん世代からよく言われる「女の子は冷やしたらあかん」「腹巻きしなさい」「小さいパンツはダメ」は本当にその通りなのです!<o:p></o:p>

そして「冷えていて血行が悪く」プラス「血液が足りない」となると、妊娠力は更に低下します。<o:p></o:p>

・冷やさない食事
・血液を増やす食材を摂ること
この二つを意識した食事を心がけましょう。<o:p></o:p>


先ず意識する。

意識できれば次は薬膳カフェ カトレアへ

☆~(ゝ。∂)お待ちしてます?

<o:p> </o:p>

③薬膳のお話

基本3 五味五性(ごみごせい)
五行説と関連して食物の味や性質を効能と特質を五つに分類したのが「五味五性」。
「五味」は
  肝(酸っぱい味)
  心(苦い味)
  脾(甘い味)
  肺(辛い味)
  腎(塩辛い味)

といった風に、味がそれぞれの体の部位に作用しています。
「五性」は熱・温・平・涼・寒などの食材の特性の分類で、寒さを感じる秋冬に
は熱性や温性の食材(根菜類や肉類)を、 逆に体に熱がこもる春夏には涼性や
寒性の食材(葉物や果物)を多く食べる…といった季節と食材の特性を考慮した
考え方です。
食材の持つ味や特性を知ることで自分の体調をコントロールする食事方法…
「五味五性」はそんな考え方なのです。



どうですか??薬膳の考えかたって
シンプルだけど自然の理に合ってますよね。
プロフィール

美咲

Author:美咲
カトレアのちょっと気になるメニューを
日替わりエッセンスランチを中心に
紹介していきます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。